2011年10月6日木曜日

悪魔の顔

キリスト教が北欧の地を征服するときに、自然と一体になった伝統的な生活をしていた人たちの魂を踏みにじってしまった。その魂〜バイキングの怨霊が現代にハードロックとして黄泉帰って、一部は教会を焼くなど過激な行動にまでエスカレートした…とドキュメンタリー番組で何年か前にやってた。
やっぱり、悪魔の顔は恐怖を誘い、特に子供にはショックだろう。
 
悪人顔と恐怖顔の関係は?
 
【Lordi】 フィンランド出身。ボーカルのMr.ローディを中心にしたハード・ロック・バンド。1996年、当時KISSのファンクラブのフィンランド支部会長だったMr.ローディはストックホルムで行われるKISSのライヴ会場に向う船で他のメンバーと出会う。その後そのメンバーでローディを結成。KISSスタイルに強く憧れていたMr.ローディはコスチュームを全て自分でデザインし、独自の“モンスター・スタイル”でバンド活動を始める。彼らの登場はヨーロッパの音楽業界で大変注目を集めた反面、「悪魔信者」と誤解を受けることも多く、そんな中Sony BMG フィンランドと契約が成立。2002年に1st Album『GET HEAVY』で念願のメジャー・デビューを果たし、フィンランド・チャートで3位を獲得。2004年には2nd Album『The Monsterican Dream』をリリースし、シングル「Your Heaven Is Your Hell」がチャートで1位に輝く。2006年3月には3rd Album『The Arockalypse』を発表。そしてローディにとって大きなチャンスがめぐってくる。ユーロビジョン・ソング・コンテスト(50年以上続く言わば歌のユーロ・カップ)に、フィンランド代表として出場することが決まる。この時もまた「国の代表がローディでいいのか論争」が巻き起こったり、保守的なコンテストでひときわ異彩を放つローディに対し、開催国のギリシャで反対運動が起こる。しかしふたを開けてみれば、なんと過去最高得点を獲得し優勝。コンテスト受賞曲の「ハード・ロック・ハレルヤ」は今や子供から大人までが口ずさむほどの人気で、コンテストから帰還した凱旋ライヴでは10万人の観衆を集めた。アルバムはフィンランド・チャートで10週連続1位獲得という偉業を達成した。フィンランドでの国民的なスターの位置はもちろん、ヨーロッパ中の人気も不動のものにした彼らの次なる目的地は極東の地、日本。デビュー以来、数々の伝説を残してきたローディが、日本でどんな嵐を巻き起こすのか注目が集まる。
(BMG JAPAN より抜粋)
 

0 件のコメント: